神戸囲碁サロン(アストレア&イカロス)

<< 2014年7月 >>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

神戸囲碁サロン(アストレア&イカロス)さんの日記

(Web全体に公開)

2014年
07月26日
10:28

昔に教えてもらったこと。


囲碁では、打つ手の意味はたったの4つしかない。
1 自分の陣地を作る
2 相手の陣地を減らす
3 自分の石を逃げる
4 相手の石を取る(または攻める)

とりあえずこの4つのうち、自分の打つ石に、どれか1つでも気持ちを入れて打てたら、全部いい手。

で、強い人は、この上で、囲碁は交互にしか打てないことをよく知ってる。
やから、ひとつの手に、2つ以上の意味を入れてくる。

たとえば、相手を攻めながら、相手の陣地を減らしたり。

ひとつの手に、4つの意味のうち、よりたくさんの意味が入るほど点数が上がる。

これを教えてもらって、子供の時の僕が、
「じゃあ、全部の意味の入った手を打ったらええねん。」と、この上なく素直に答えた(笑)

すると先生、
「そういうこっちゃ!でも、それがなかなか難しいんやけどなあ(笑)昔、秀策さんが、その手を打ったんや。そしたら相手のおっちゃんが耳を真っ赤にしてな(笑)イカロスもその手を打てたら、歴史に残るかもしれへんぞ(笑)」

いま改めて、なんて優しい、いい先生だろうと思う。

最後に先生が、
「囲碁は自由や。相手の人とか、たとえば教室でもプロの先生が、「こっちのほうがいい手なんちゃう?」って提案することもある。でも、自分が考えて、意味を入れて打った手なんやから、まずはしっかり先生の話も聞いてあげた上でな。解説が納得いかんかったら、先生のいう手はマネして打たなくてもよろしい。「先生、そりゃおかしいで。俺の手の方がいい手に決まっとるやろ」ってな(笑) そういう気持ちで、自分の想いをしっかり入れて打てたら、どれも120点や」

これ、究極の指導だなって思う。
ぃーね! (8) るき  べあ~  ☆ツッキー☆  黒猫  toshi 

コメント

2014年
07月26日
10:33

1: 涼空

基本的に自分の碁に自信がないのですが、

自分なりの意味を持って、

打てばいいんだと当たり前ながら改めて思いました。

2014年
07月26日
10:45

僕も自分の碁に自信はありません(^-^)
それは全く同じです♪

自信がないから、打ってる間に一貫性までなくなってしまって、よく空中分解してしまいます(>_<)

僕自身もこの日記を書きながら、改めて思っています。

よく言う一貫性って、自分の中の、自信のコントロールのことなんだなって強く感じました。

2014年
07月26日
10:53

3: 未草

本当にいい先生ですね(*´∇`*)

私は対局中によく長考してしまうのですが、次に悩んだ時はよく意味を考えてい打ちたいと思います。

2014年
07月26日
10:56

あ、そうそう。
この話のときに、
「なんとなく」って意味はないぞ(笑)って、釘を刺されたのですが・・・
これもまた、僕にとっては究極に難しい注文でした(笑)

2014年
07月26日
11:01

子供のときに、先生から囲碁について教えてもらったことって、いま改めて思うと、これだけでした。
打つ手の解説とかしてもらったこと、たぶん一回もなかったですねー♪
碁については、怒られたことも、誉められたこともないや(笑)

それ以外はよく怒られてましたけど(笑)

2014年
07月26日
12:30

いい先生です。
こんなふうに言ってくださる先生なら、囲碁が楽しくてしかたないでしょうね^^

2014年
07月26日
12:43

囲碁は面白かったですねー(^-^)
毎日打ってました(笑)

2014年
07月27日
17:47

い、イカロン・・・

す、すげ~~~~~!!!

晴れ自分の打つ石に、どれか1つでも気持ちを入れて打てたら、全部いい手。

晴れ強い人は、この上で、囲碁は交互にしか打てないことをよく知ってる。

晴れやから、ひとつの手に、2つ以上の意味を入れてくる。

晴れ自分の想いをしっかり入れて打てたら、どれも120点や

みんなすげーーーーーーっ

2014年
07月27日
22:28

わー!
ねろろん久しぶりー♪♪

ほんとに、囲碁って自由なゲームだって思いますねー(^-^)

そしてこれが、最強の上達法なんじゃないかとも思います(*^^*)

棋譜作成
: