さいとうあきら

<< 2020年10月 >>

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

さいとうあきらさんの日記

(Web全体に公開)

2020年
10月04日
23:48

囲碁クエ9路盤:レート自己記録更新


引き続き、囲碁クエスト(9路盤)のお話です。レートの自己記録が更新できて、いまレートが1675(1級の中では上の方)になりました。今日は自己記録更新を意識して6局くらい打ったので緊張もありちょっと疲れました。最後は1700ちょい超えの人に勝って記録更新。満足っちゃあ満足です。ちなみに、同じくらいのレートの人に勝つとレートは4くらいあがって、負けると4くらい下がります。

※ 以下は囲碁クエはじめた2ヶ月前からの振り返りです。

これまでの自己記録は1673でした。じゃあ、なんでちょっとだけレートを更新したくらいで喜んでいるかというと。。。実はこのレート1673は囲碁クエストをはじめたばっかり(今年の8月くらいで、8年ぶりに対人戦をはじめた直後)に出した記録でした。約2ヶ月ぶりの更新なのでなんともうれしくて。

2ヶ月前はとくに考えずに黒番では初手小目ばっかり打ってました。その結果、黒番は20勝くらい勝ちこし、一方、白番は20敗くらい負けこしという。。。そして、黒番に関しても初手星とか天元にすると勝てない。。。んー、なんでだろう。。。とamazonで9路の本ないか調べてみると、なんと9路の解説本をプロ棋士がだしてるじゃないですか。8年前は9路の本で棋譜とか載せてくれて本はなかったような。。。

それで読んでみると、どうも初手小目は研究が通じ辛い手らしく、だから他の初手より比較的勝ちやすかったのかなぁ、と思いました。私に地力があるってわけじゃないですが、同じくらいのレートの人でも、初手天元や高目とかで、相手がその後の進行を知っているのであれば、私のほうが負ける確率高いわけで。囲碁クエで打ってる人は過去合計数千〜2万局くらい打ってますよね。といいながら、私は小目との相性が良いだけかもしれませんが(笑

そっから本読んで、本の棋譜を並べつつ、初手星→初手天元→初手高目の順に対局重ねていきました。その当時はレート1600(1級と2級の境)くらいをうろちょろしてました。それで、初手高目(なにかの統計では黒の勝率58%)の力を借りつつ、ようやく自己記録更新。黒番で色々打ったので、白番での打ち方もちょっとはマシになりました。努力の結果がむくわれた感じで、しみじみと。

ところで、初段になるためにはレート1700を超えてから、4連勝しないといけないとか。・・・あれ、まだ無理ゲーじゃね?
ぃーね! (2) モノクロ  すすめ半角ジジー 
棋譜作成
: