tukegiriさんの日記

(Web全体に公開)

2020年
10月26日
19:47

100%楽しいゲームはない?


 コロナのおかげで家にいる時間が倍増したため、ゲームをする時間が物凄く増えました。囲碁のモチベーションのほうはやや下がり気味ですが一応毎日触れるようにはしています。
ゲームをする時間が増えて気づけたことなんですが、世の中には100%楽しいだけのゲームというのは存在しない気がします。どんなゲームも何割かは辛かったりめんどくさかったりする部分が存在するのではないでしょうか。
 
 多くの人が囲碁が楽しいと感じるのは、碁の奥深さや相手との駆け引きなどがあると思いますが、それ自体を味わうためにはそれ相応の努力が必要になります。どんなゲームでもハイレベルな戦いを望んだり、勝利を得ようとするとそれ相応の努力が必要になるはずです。
 もとからの適性も才能の一部ですが、その修行ですら「楽しい」と感じたり辛さを楽しさが上回る人は本当の化け物でありすさまじい才能だと思います。僕が今やってるゲームのプロゲーマーは同じゲームを毎日10時間以上一年間、起きてる時間はすべてそのゲームに注ぎ込んでいます。囲碁のプロも似たようなものだと思いますがその執念というか情熱というのはとても真似できたものではありません。
だいぶタイトルと書いてる内容が離れてしまいました。
僕は人生で一度も周りに狂気を感じさせるほどの努力をしたことがないのでそういうものを見つけられる人をうらやましく思います。
ぃーね! (3) えどわーど  雨中柳  桜花(さくちゃん) 
棋譜作成
: